jansson1

ムーミン作者「トーベ・ヤンソン展」横浜そごう美術館で開催:生誕100年を記念して各地で

今年4月に「MOOMIN! ムーミン展」が全国各地で開催されることをお伝えしたが、今度は新たに作者のトーベ・ヤンソンに焦点を当てた展覧会「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~」が開催されることが決定した。

油彩や水彩など400点が展示

6a3d306cf5eb668148f3ecf951c6c3ce-759x564

photo : banbi.pref.niigata.lg.jp

この展覧会は、トーベ・ヤンソンに焦点を当てた展覧会としては日本ではじめてとなり、油彩や水彩、挿絵、写真資料などおよそ400点が展示される大規模なもの。

芸術家一家に生まれたヤンソンは、もともと1930年代に反ナチス・ヒトラー的な風刺漫画を描いており、ある日「現実からのちょっとした逃避行として」ムーミントロールを描いたことで、世界的なキャラクターが誕生することになる。

単なる愛らしいキャラクターが登場するのではなく、思索に耽り哲学的な発言が度々飛び交うヤンソン・ワールドは、子どもたちばかりではなく誕生から70年以上が経過した現在でも多くの老若男女問わずに愛され続けている。

トーベ・ヤンソンの生涯

4560-01

Photo : tove100

第一次世界大戦勃発の年である1914年に生まれたトーベ・ヤンソンは、わずか15歳で雑誌『ガルム』のイラストレーターとしてデビューする。

1945年にムーミンシリーズ第一作となる『小さなトロールと大きな洪水』を発表し、1954年にロンドンの夕刊紙「イブニングニュース」で連載を開始すると、あっという間に世界的な人気を獲得。国際アンデルセン賞などを受賞し、彼女はすぐに世界的な画家・アーティストとして名を馳せることになる。

「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展」は、横浜・そごう美術館の後は、北海道立帯広美術館、新潟県立万代島美術館、北九州市立美術館、あべのハルカス美術館を巡回することになっている。

トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の彗星」挿絵》 タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館蔵 1946年  © Moomin Characters TM
トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の彗星」挿絵》 タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館蔵 1946年  © Moomin Characters TM

【展覧会詳細】
名称:生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~
会期:2014年10月23日〜11月30日 ※会期中無休
開館時間:午前10時〜午後8時
入館料:大人1,000(800)円/大学・高校生800(600)円/中学・小学生500(300)円/未就学児無料

Photo : www.finland.or.jp

キーワード

個展 (50)展覧会 (135)美術館 (146)

ライター

aya_pechi

aya_pechi

あやぺちだよーふにゃー。